CERAMIC WORKS

陶と金属の造形
エピソード 日々の制作

穴窯作品の制作

いよいよ窯焚きまで間近になって参りました。

本日は西多摩郡日の出町にある材木店様よりトラック一杯分の

焚き付け用の端材を頂きまして、無事に窯場まで搬送致しました。

このトラック一杯の木材だけで、点火から1000度まで昇温

致します。

過去には灯油とバーナーに頼った時もありましたが、400度ほ

どにしか上がらずに、窯の容積とバーナー機能の限界を感じました。

やはり、木材の火力はむらがあるにせよ炎が伸び、窯全体に火力が

行き渡るのでしょう。また作品に表れる独特な景色の大きな要因に

もなっているようです。

ガス窯や電気窯の様な定格的な雰囲気にはならないのですが、

100個焼いて2、3個の優品が取れると言うのが、我々プロの

語り草です(あくまでも語り草ですが)。

もちろん、その場合の優品は神々しい作品のことを指しています。

その様な作品に出会ってしまうと次回の期待も高まるもので、

試行錯誤を繰り返しながら、穴窯の魔力に取り憑かれている訳です。

穴窯作品の制作は、かなり以前より計画を立て、順に成形をします。

火前(焚き口付近)に詰める作品には毎回悩むのですが、今回は器では

なく、造形的なものにこだわりました。

窯の中は所によって全く違った表情を表します。

そんな事を考えながら6月1日の窯出しを楽しみたいと思います。

◎穴窯焚き

    5月18日〜20日

    八王子市加住町長江寺境内

    一般の皆様の見学を歓迎いたします。

△ご質問はこちらにどうぞ   

      e-mail: info@sottaku.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 07:55 | comments(0) | - |
第10回現茶陶展 セラトピア土岐 土岐市

自然釉水指  h20

第10回現代茶陶展に出展することになりました。

土岐市主催の陶芸に関するイベントにはかなり以前より関わって

きました。

「現代陶彫展本展」.「ユーモア陶彫展」等。

土岐市にはいつも良い出会いを頂き、自身の発展にも大きな

機会となっています。

今回は画像の水指を出展する事になりました。前回の穴窯で焼き

あげたものです。松の灰が自然と掛かり、流れて、薪の窯ならで

はの趣きがあります。 土は古琵琶湖層(約350万年前の地層)の物

を使用しました。現在の滋賀県野洲市に残る貴重な粘土です。

こちらの土とはご縁があって、いくつか使用させて頂きましたが

、信楽系の粘土とは違う柔らかさがあり、薪の窯だけではなく、

電気窯、しかも釉によっては酸化焼成でも萩焼風な柔らかい枇杷色

が期待できます。幾つか種類のあるなかから、今回は白系なものを

選んで作ったのですが、若干明るい色合いながら、背面の緋色も

美しくつきました。また、十分に焼きしまっていますので、堅牢

で、水漏れにも対応出来ています。

蓋は友人の木工家に依頼しました。水指の蓋には珍しい朱色で、

艶消し風に仕上げてもらいました。

本体の色合いと相まってしっとりした表情におさまり今後の展開も

期待出来そうです。

本展には私は初日お邪魔をして、その後多治見を周り、短い連休を

楽しみたいと思っています。

 

《第10回現代茶陶展》

4月29日(土・祝)〜5月7日(日) 午前10時〜午後5時

会場:セラトピア土岐・小ホール

全国35都道府県263名・358点の応募の中から入賞10作品、

入選64作品が選ばれました。

2017年4月29日(土・祝)〜5月7日(日)にセラトピア土岐小ホール

にて展示されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

                       


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 08:02 | comments(0) | - |
エピソード 日々の制作

松本民芸館  長野県松本市

ここのところあまり余裕のない生活を過ごしている為か、

ブログも頻繁に書けなくなってしまっています。

小さな仕事をたくさん抱えてしまうと、気疲ればかりが

先行して、普段からスロースターターな自身にとって、さらに

追いうちを掛けてしまいの悪循環。この山を乗り越えればと言

うのがもっぱらの心境です。

当面の目標は穴窯焚きを無事に済ませて、皆さんの教室展の開催。

府中での発表も今回が最後になります。

八王子での発表から場所を移して実に今回で10回目になります。

隔年開催ですから、その時を考えると教室の歴史と言ってもよい

年月を重ねてきた感があります。

教室をスタートさせて20年。「そつたく窯・啐啄窯」の名前を

頂いて15年。

これは何かしない訳にはいかない!

と考えつつも先送りしてしまっています。が、しかし来春には

4教室合同のイベントを必ずや開催いたします。

宣言してしまえば事も進むでしょう。

さて、改めて穴窯のスケジュールとお願いです。

[2017年穴窯]

5月12日…窯詰め(⌒-⌒; )

5月17日…窯詰め

5月18日…窯焚き🔥

5月19日…窯焚き🔥

5月20日…窯焚き🔥

5月31日…窯出し(^◇^;)

以上になります。

窯焚きのアシストが人手不足です(特に夜)。単純な作業ですが、

火を見守るおごそかな時も味わえます。 奮ってご参加下さい!

また、一般の方の参加も募集中です。 作品だけでも窯焚きだけでも

参加下さい。

e-mail : lnfo@sottaku.com

川合まで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 09:01 | comments(0) | - |
エピソード 日々の制作

風・・

先日骨董マニアの生徒さんに誘われて、久々に市に出掛けて

来ました。

新井薬師や花園神社の市には何度となく出掛けた事があるの

ですが、今回は日本有数の規模で開催される平和島骨董市。

ビルのワンフロアーに所狭しと並ぶ業者さんの多さにはさすが

に驚きました。 ひとこと市と言っても様々な業者さんがあり

まして、それこそガラクタの様な物から、美術館にあってもお

かしくない物まで、さらには出どころは?と思う珍品まであり

ます。

少しは良いものを見て来た経験がありますが、''これは?? ''と

言うものも多く、未知の分野に引き込まれそうな誘惑もあり

ます。そんな時は一度身を引いて、時をおき再会をします。

すると''何だこんなものだったのか''と言う具合に冷静な判断が

できるものです。

このあたりが骨董の難しさであると思います。

やはり、良い物は何度見ても変わりませんし、逆に見るほどに

引きつけられてしまいます。

こうなるとお財布との相談になりますが、骨董との出会いは人

との出会いとも重なると思うのです。

機を逃さずに、ファーストインスピレーションを大切に、時に

は気高く図太く、さらには品良くいきたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 22:02 | comments(0) | - |
穴窯の会 2017年スケジュール

長江寺  八王子

2017年の穴窯焚きがいよいよ間近になって参りました。

今回は若干早めの5月に行うことに決まりました。

と言うのも、6月に八王子教室主催の教室展を開催するからです。

窯焚きにあたっては変わらずの流れで進めますので、皆さんの

参加を心よりお待ちしています。

今回のポイントはきれいな''ビードロ釉''を求めて。。

なかなか難しいテーマなのですが、参加者の皆さんの期待も多く

ありますので、今年は主題にあげて取り組みたいと思います。

ビードロ釉の美しさは穴窯の代名詞と言っても過言ではありません。

しかし、窯の構造上全ての作品にそれが恵まれるものではなく、

主催者としては毎回苦渋の選択のなかで取り行っています。

ビードロは土によって色合いや厚みが変わってきます。

毎回、手を替え品を替えて臨んではいるのですが、主題にあげた

ことで私のモチベーションも高くなりますので、事前の作業から

気持ちを入れて取り組みたいと思います。

尚、一般参加も大いに歓迎です。

作品の持ち込みだけでも。また、窯焚き体験だけでも結構です。

奮って参加下さい!

《スケジュール》

✳窯焚き  ー  5月18日(木)・19日(金)・20日(土)🔥

✳窯詰め  ー  5月12日(金)・17日(水)(^^;;

✳窯出し  ー  5月31日(水)😋

《連絡先》

  e-mail :  info@sottaku.com   (川合まで)

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 09:09 | comments(0) | - |
エピソード 日々の制作

今年のメインイベントは秋の百貨店での個展です。

新年よりその準備に取り掛かっています。

私の場合、先ず手を動かす前に画像のように墨や顔彩で思いのま

まに半紙に描きます。 それらは写真からの場合もあれば、自然界

からのインスピレーション、時に切り抜きから起こすこともあり

ます。 浮かんだことはすべて描きますので、50枚から100枚ほ

どにはなります。

そうして思いがすべて出たところで、粘土に触ることになるので

すが、それ以降は結構成り行きで進んで行きます。 

後戻りすることも頻繁にありますし、変更の繰り返しは作業の直

前まで行われます。

思うに半紙に思いの丈を表すのはある意味制作前の儀式なのかも

知れません。

実制作に入るとそれほどの余裕はなくなりますので、半紙に向か

うひと時は楽しみの時でもあります。

ところでここのところ、単純に美しい、綺麗な作品に憧れを抱い

ています。

たまたま開いた雑誌から展開してきて、北欧の陶芸の表現に取り

憑かれています。

流行とは縁がない日々ですし、北欧のクラフトの現在もおぼろな

のですが、なぜか今になって熱心にそのあり方を探っています。

秋の個展に反映されるかは分からないのですが、今の時を楽しみ

たいと思います。

 

川合牧人陶展

2017年9月28日~10月4日

京王ギャラリー・京王百貨店新宿店6F

器を中心に色々と展示をしたいと思います。

お出かけ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 14:27 | comments(0) | - |
透土 光を通す粘土

ランプシェード  h16cm

信楽工業試験場で開発された''透土''。

ご縁がありまして、当工房に届いたのが一昨年の夏あたりだった

でしょうか。

当初はその透光性を活かした作品がなかなか生まれずに、どう

したものかと眺めていました。そんな中で教材として使っている

内にだんだんとそれらしき作品も生まれて来るようになりまし

て、ご覧のようなランプシェードが出来上がりました。

シェードの中の光源はLEDと乾電池でまかなっています。

そもそもこの透土は信楽工業試験場と当地の組合による合作で、

開発当初には県外での販売を規制していたとのこと。

現在では通常の販売がなされているものなのですが、陶芸教室で

扱える価格(一般的な陶土の5倍ほど)ではありません。

たまたまご縁で入手出来たものの、若干扱いにコツがいるのと、

特質を活かすのに時がかかりました。

ランプの灯りが透ける陶土は一般的には陶石原料によるものが多

く扱われていると認識しています。しかし''透土''においては焼成後

にはほぼガラスに近い物に生まれ変わります。

イメージとしては戦後以降に家庭で使われていた白熱球の傘の質

感です。 くもりガラスの様な''透土''は灯りをやさしく通し、しか

も成形が比較的容易である。

教室では円盤状に伸ばしたものをガーゼにのせて、プラスチック容

き器におさめるという方法をとりました。そのまま乾燥をさせて、

水分が抜けた時に彫刻刀などで彫る。 光を見せたい部位は薄く彫

り、影をつけたい部位は厚く残しておく。 

画像の作品はかなりの時間を掛けていますが、形と紋様が上手く

おさまり、とてもよいものに仕上がりました。

器として活用することも視野に入れて有効に利用したいと思います。

今回は京王カルチャー教室の生徒さんの作品をお借りしました。

 

☆この透土はシンリュウ株式会社さんで求められます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 20:23 | comments(0) | - |
2017年新春

干支  酉

 

新年明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願い申し上げます

                  

                    2017年 新春   そつたく窯

 

《本年スケジュール》

5月18日~20日ー穴窯焚き

6月ーそつたく窯教室作陶展

                        ・グリーンプラザ府中

9月28日~10月4日ー川合牧人陶展

                       ・京王ギャラリー新宿店

 

☆穴窯焚きは一般参加も可能です。

   ご連絡下さい。

e-mail : info@sottaku.com

                       (そつたく窯川合まで)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                    

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 10:56 | comments(0) | - |
エピソード 日々の制作

染付鉢  14cm

いよいよ2016年も残すところ今日明日のみ。

自営のため不定休の日々ですが、さすが大晦日、三が日は仕事モ

ードが緩みます。

そんな中、画像の器をまとめて納品しました。

開業から10年になりました西麻布の''おそばの甲賀''さんからの注文。

お蕎麦やさんの器には珍しい紋様です。

店主の甲賀さんは長崎の「平和の像」の作者で名高い彫刻家北村西望氏

の血筋の方。その北村氏は書もやる方で、北村氏自筆の「夢」を

紋様として入れて欲しいとのこと。 転写紙は使用していないので、

本歌を見ながらの自筆となりました。(左下に朱で西望)

先の東北震災復興を願う店主の思いが生きていると言うことです。

ちなみに背景には扇の紋様、内には小紋と◎に甲が入っています。

今年1年の締めくくりに相応しい仕事でした。

毎度のことながら年初には「ペースダウン、質の向上」と願うのですが、

なかなか思い通りにはならないものです。

我欲故か、まだまだ未熟者です。

早いですが、2017年は初秋の個展のみに絞り、最後の展開という気持で

じっくり取り組みたいと思います。

皆様のさらなる飛躍をお祈りいたします。

2016年12月30日

そつたく窯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 09:05 | comments(0) | - |
エピソード 日々の制作

ギャラリー現 東京

13回目の陶による造形展が無事に終了しました。

今回は公園の遊具から離れて実在の動物をテーマに展開しまし

た。  

その理由として、まず動いている、移動している動作に着目し

たことがあげられます。

それらを取り上げると、必然的に遊具としての動物から生き物

としての動物に視点を移していくことになります。

運動の動作を細かく目視することはできません。静止した場面と

次の場面には''間''があります。それらを確認するのには超スロー

な画像か、または動作をコマ撮りしたものでしか確認ができません。

目視を主眼にした場合、動きの動作は連続性が重要になります。

思索を続けていると目に見えないところの動作の流れにある''もの''

にとても興味をそそられました。 

これらの動作は映像や平面作品ではポピュラーなものとして認め

られます。しかし立体となると彫刻作品の一部にあるものです。

資料を確認していると、四足の動物のもつ小走りの動作にとても

面白いものがあります。

特に気なるのが”瞬時の動作”に、筋肉や骨格のとても微妙な”形”が

あるということです。言い換えれば動作は連続性であって一瞬はない。

また、その瞬時には運動から現れる緻密なドラマある。

それらの習作展ともいえる今展はよい踏み台となることでしょう。

今後につなげて行きたいと思います。

会期中にはたくさんのお客さまにご来場頂きました。

ありがとうございました。

 

追、

ギャラリー現さんが来年5月で閉廊すろことになりました。

30年の歩みがあったそうです。

残念なことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 20:58 | comments(0) | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ LINKS
+ OTHERS
+ MOBILE
qrcode
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ