CERAMIC WORKS

陶と金属の造形
新型コロナウイルスへの対応 八王子教室

          

《そつたく窯陶芸教室に通う皆さまへ》(´・ω・`)

少々細かいお知らせになってしまいなすが、

東京都の感染拡大の警告をふまえて、以下のことを

実施したいと思います。

どうぞご協力をお願い致します。(;^ω^)

参加下さる皆さまのお住いの地域、交通手段等が違い

ますので、皆さまのお考えをプラスして、お付き合い

下さい。

今後の教室運営に関しては、推移、状況を考慮しつつ、

反映させていきたいと思います。

また、新型コロナウイルスに対する考えは、個々人

よって大きく違いがあると思います。
教室運営の立場からは、皆さんのお考えを尊重した

いと思いますので、忌憚ないご意見を、講師にお伝

えください。

《実施事項》('◇')ゞ

●玄関に小さいですが消毒液のスプレーを置きました。

教室に入られる前に手のアルコール消毒をお願いしま

す。不織布マスクも置きましたので、お使い下さい。

●生徒さん同士が過密にならない様、当面予約受付は

5名様を最大定員に致します。(通常6名)

●ドアノブ・水道ノブやトイレ等の消毒(昼・夕)。

●教室終了後(午前・午後共)に換気を行います。

●皆様がお使いになったた道具(カンナ・ロクロ・

椅子・机等)は、教室終了に講師が消毒を致します。

●お茶菓子は個別包装の物をそのままお出しする様

に致します。              以上             

皆様がお気軽に作陶を楽しめるように致しますので、

しばらくの間お付き合いをお願いします。

(´・ω・`)

 

        2020・3.28 そつたく窯


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 05:26 | comments(0) | - |
穴窯 屋根の修理

穴窯・八王子市加住町

新春より進めています、穴窯のアーチ部(屋根)の解体

修理の経過報告です。

新しいアーチに直すための第一難関であった、支保工が

完成をして、窯の内側にうまくおさまりました。

ほぼ隙間なく美しく設置出来ました。

画像の木型の上にレンガを規則的に並べていくのですが、

まずは一層目のレンガを載せて、時をかえて、二層目の

保温レンガを載せます。

そのレンガの隙間には耐火モルタ34番を詰めていきます。

予想以上に上手く設置ができたことは、皆さんのお力添え

と嬉しく思います。

4月には載せるレンガの掃除を済ませて、レンガ積みの

準備をします。

作業にご興味のある方はお知らせ下さい。

          そつたく窯・穴窯友の会(修理班)

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 06:45 | comments(0) | - |
episode

白礫釉花入

京都での展示会が延期になり。またコロナの影響のために

3月の出張陶芸教室はほぼ休講となり、少しスペースが

生まれましたので、公開する作品の撮影をしております。

まだ、習作の段階ですが、良いものが撮れましたら、

色々な機会に使用する予定です。

まずは、ネット上で作品販売を予定していますので、

その為のものを。
ネットショップという形式で考えておりますので、作品の

良さを画像に反映せねばならず、試行錯誤しております。

公開の日時が決まりましたら、お知らせ致します。

 

さて、早くも ”京都私三人展”の日取りが決まりました。

来年の同じ時期になります。以下、ご予定に入れて頂ける

と嬉しいです。

 

「京都私想3人展」

川西幹雄、川合牧人、山田 晶 

2021年 4/6(火) - 4/11(日)

生活あーと空間 ぱるあーと

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 06:56 | comments(0) | - |
京都私想 3人展 ぱるあーと 京都

 

 

4月に予定をしていました、3人展ですが、

昨今の難しい状況を熟慮し、延期に致しました。

今回の展示に合わせて、東京からも多くのお客様にご来訪

頂くことになっていましたが、残念でなりません。

これにこりずにまたの機会にお越し頂ければと思います。

関係者の皆さまお世話になりました。

また次回は今秋、もしくは来春の同じ会期を視野に検討を

しておりますが、改めてご報告いたします。

                     川合牧人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 06:23 | comments(0) | - |
episode 鳥の彫刻

A Bird  Oil on wood

棚の整理をしていると、一冊の図録が出てきた。

見覚えのないものだったが、表紙の絵がとても美しく

て、その色彩感覚に強くひかれた。

昔日の安堵感を含み、さらに心の色のようなものを

感じさせる。

絵画、オブジェ、彫刻のかずかず。

アカデミックな美術とは少し離れたもので、題材も

いたってシンプルなもではあるが、色彩に得も言われ

ぬノスタルジックな空間を持ち合わせている。

このようなこともあり得るのか、、。

表現を試みるものに、貴重な展望を与えてくれる。

ベルギーのアーティスト・Jean Michel Foln。

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 20:50 | comments(0) | - |
episode 穴窯の修理 part-2

八王子市加住町

前回の記事からの流れ。

さらに工事は進み。ご覧の支保工が完成し、穴窯の内側

にセッティングすることになる。

湾曲したベニヤ板の中は、まるで船の構造の様に、

4部屋に分かれていて、その区切っている4枚の板に、

7本の角材を渡す。

画像がないのが残念ですが、なかなかの出来栄えで、

レンガの固定までの第一の難所を乗り越えた感があり、

作業の皆さんも達成感をしばし味わう。

この後、穴窯の内側におさめて、ジャッキアップをして、

左右の側壁の際に合わせるのですが、これが一度では

なかなか難しくて、次回の課題になる。

今日は雨の予報から一転して、春先の心地の良い一日に。

そつたく窯・穴窯修理班の皆さんのご奉仕に感謝。

合掌

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 06:43 | comments(0) | - |
episode 穴窯の修理

穴窯・八王子市加住町

前回の窯の修理は5年ほど前。

アーチ(屋根)の焚き口の上部を外して、新たに組みかえた。

窯は使うほどに左右の壁が外に開き屋根のトップが下がる。

それを支えるために左右の壁付近に土を盛り、開きをおさえる。

人によっては鉄や、窯全体に土をかぶせて、開きをふせぐ。

ある意味自然現象のようなもので、たまに調整することになる。

今回は焼成室が前部の燃焼室よりも下がり、危険度がましたの

で、教室の方々と取り組んでいる。

建築的と言うよりは、土木工事にちかいもので、また一般的に

はなじみのない作業ゆえに、頭をひねりながら、のんびりと

進めている。

窯の壁が開くと言っても、奥行き2・2Мの部位が一律に開く

わけではなくて、奥と手前では、5,6センチほどの誤差で

開いている。なので精度を上げるのはかなり難儀なこと。

まずは、内側にすえる木製の型を作ることになる。

支保工という聞きなれない型枠を手製で作るのですが、

採寸の段でも、これぞというほどには至らず、流れにまかせて、

行くしかない。

今月のノルマは支保工の完成。

また、近況をご報告いたします。

                   穴窯修理 友の会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 07:52 | comments(0) | - |
episode ブロンズ作品

石こう原型

4月の京都での三人展のための制作を進めています。

今回は造形作品で三分の一をうめる予定。

その中の二点はブロンズ製の作品を考えています。

昨年の京王百貨店での個展でも好評であった新境地。

今回はライオンの小品を準備しています。

造形作品の私のテーマである象とライオン。

その二作品を考えているのですが、ようやくその

原型が完成しつつあります。

その後は鋳造所にその原型作品をわたし、ブロンズと

なります。

以前にも書きましたが、原型を作るまでの工程は、それ

こそ陶芸の制作過程とは違い、時の深さを味わえます。

作りこめるそのリアルな時がとても気に入っていて、

今後の制作の大きな位置を占めそうです。

20代を過ごした京都での展示会。

楽しみな出会いを期待したいと思います。

 

●川合牧人、川西幹夫、山田晶三人展

  −京都私想−

  2020年4月7日ー4月12日

  ぱるあーと・京都

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 22:33 | comments(0) | - |
迎春 2020年元旦

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願い申し上げます

             2020年元旦 川合牧人

 

今年も楽しい1年になりますように、

楽しい企画を計画していきます。

現在、穴窯の補修工事を行っています。

1月のミーティングは15日。

現場での工事は23日を予定しています。

ご都合の良い方はご参加下さい。

お問い合わせは川合まで。

 

《本年のスケジュール》
⚫川合牧人、川西幹雄、山田 晶3人展
           4/7~4/12  ぱるあーと・京都
⚫川合牧人展
          10/5~10/10  ギャラリー檜・京橋

⚫研修旅行

           6月頃に日帰りバス旅行を計画中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 08:10 | comments(0) | - |
episode 桜の時期の京都での展示会

◎ぱるあーと

来春、京都御所にほど近い町屋のギャラリーで、

京都時代の仲間と展示会を開催することになり

ました。

入口を入ると、土間、フローリング、畳のスペース

と、奥に長いかなり大きな空間です。

それぞれの間にあわせて、作品構成ができる楽しみ

のある和風空間。

御所の桜を見ながら、立ち寄って頂けたらと思います。

 

川合は、動物の立体作品、白磁の小品、オリジナルな

釉の花器を予定しています。

以前、ギャラリーマロニエ(京都)で展開した,

「有機的-無機的」のメンバーである川西幹雄幹

(兵庫県)、山田 晶(滋賀県)、川合牧人(東京都)

3人展になります。

 

3人とも、普段より器の表現だけでなく、造形的な

作風を持っており、それぞれの個性があふれた会場

構成になりそうです。

 

川合牧人、川西幹雄、山田 晶 3人展

ー京都思想ー  

2020年4/7(火)~4/12(日)  11:00~18:00

(最終日17:00)

ぱるあーと・生活あーと空間・京都

京都市上京区西洞院通下立売南入

www.par-art.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 09:45 | comments(0) | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ LINKS
+ OTHERS
+ MOBILE
qrcode
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ