CERAMIC WORKS

陶と金属の造形
川合牧人展 ギャラリー檜・京橋

陶製の象

ここのところ動物の立体を用いて物語を創作しているのは、

そんなにも考えがあったことではなく、ありのままに見たも

を流れに任せて、反映させているだけのことです。

器の制作を生業としていたら、なかなか難しい内容ですので、

一般的な陶芸とは少し違う立場にあると認識しています。

特にここ数年追っている象とライオンの空間は、自身の心理的な

面も含んでいて、デリケートなものとして扱っています。

作品作りは自己の癒し的な側面も多いものです。

それは単に表現と簡単に言えるものでもなく。 

ましてや生活の為になどと言える世界ではありません。

色々な摩擦から生じてくるものをうめあわせていく作業。

そんなものかも知れません。


 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 21:02 | comments(0) | - |
川合牧人展 ギャラリー檜 京橋

白磁・包花

陶の造形作品によるインスターレーションは2010年の村松画廊

・京橋から始まり今回で6回目となります。

その間には華道家とのコラボという形で空間をうめる展示を毎年

のように開催してきました。

2010年以前というと、やはり造形作品を作っていたのですが、

インスターレーションというにはほど遠く、模索の時でした。

以前より工芸やクラフト作品へ、ピンでスポットを当てて見せる

設えに、かなり違和を感じていたので、その間10年ほどは、

もがきの時代といえるでしょう。

京都から東京に戻った時に思い描いたのは、単純に''東京ででき

焼き物作り''でした。築窯してからはオブジェをメインに制作

し、その合間に器を作るとうスタイルをぬいてきました。

器を2番目に位置付けしていたのは、工程がコピーの重複が多く、

また、安易に形を作れること。 それにほかなりません。

当時は現在の様な器ブームとはほど遠い時期で、オブジェを「前

芸」などと呼んでいた頃です。

作り込めない不自由さをかなり以前より感じていたことなどが、

更に造形の世界に傾倒してく切っ掛けとなりました。

作風というものは、流れていくものです。与えられた光景を背景

に、モチーフやディテールを探り、作り上げていくものです。

私の場合は彫刻的な要素を取り入れ、その作品を浮かび上がらせ

るために空間を彩ります。

ギャラリーというスペースに異種の波動を複合させることで生ま

てくる流れ。此岸と彼岸との交流がうまれる。

そんな風景をギャラリー檜でも展開します。

会期中は不在の時もありますので、一報をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 01:40 | comments(0) | - |
episode  川合牧人展 ギャラリー檜

制作中の象・八王子

ギャラリー檜での個展もまもなくの時になってきました。

作業は”流れにまかせる”としか言いようがないのですが、

この暑さの中での作業はなかなか大変なもので、思うよう

にはならないのが現実です。

今日は、今回の重要な出展作である象が少しですが、形に

なって、前進できそうな気配が生まれてきました。

檜での展示は大小のふたつのスペースを使用します。

それぞれの部屋は現代と古代を表します。

それらの光景はまったく別なものではなくて、結ぶ時間軸が

会場にはあります。

その時の流れと感触を。

”こちら側でもあちら側でもない”そのまじわった光景を表し

ます。

また、今回は展示協力として華道家澤井雅恵氏(郁生流)、

平面の中村秀文氏のお二人に会場の一部を彩ってもらいます。

ご期待ください。

 

川合牧人展

2018年 10月1日(月)ー10月6日(土)

ギャッラリー檜e.f  Gallery HINOKI

東京都中央区京橋3−9−2 宝国ビル4F

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 21:29 | comments(0) | - |
川合牧人展 ギャラリー檜 e・f 京橋

 

私のライフワークである造形展が、まもなく開催されます。

今回は京橋にある「ギャラリー檜e・f」にて。

初のスペースなのですが、大小二つの部屋にて展開します。

ここのところ続けています、象とライオンをモチーフに、

こちら側とあちら側の交わる景色を表現します。

さらに白磁のオブジェが工芸展とはまったく違うスタンスで

ふたつの部屋に現れます。

どうぞご覧ください。

会期中は不在の時もありますので、事前にご連絡を頂けます

とありがたいです。

 

川合牧人展

2018年 10月1日(月)ー10月6日(土)

ギャッラリー檜e.f  Gallery HINOKI

東京都中央区京橋3−9−2 宝国ビル4F

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 21:19 | comments(0) | - |
陶と花 2人展  コートギャラリー国立

コートギャラリー国立・国立市

 

先日は酷暑の中、国立までお越しいただきまして、

ありがとうございました。

おかげさまで、楽しい時をたくさんいただき、嬉しく思います。

会は盛況のうちに終えることができました。

お会いすることのできませんでした方も多くいらっしゃいました。

お詫びいたします。

年内のイベントもおおよそ済んだのですが、もう一つありました。

川合の造形展です。

先日の七夕の写真ができました。

まだ、3週間前のことでしたが、懐かしい、、。

皆様、くれぐれもご自愛ください。

 

八王子エルシー

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 19:59 | comments(0) | - |
川合牧人/澤井雅恵ー陶と花2人展ー コートギャラリー国立

 

コートギャラリー国立さんより、展示の依頼がありまして、

今回は初顔合わせになります華道家澤井雅恵氏と陶と花による

インスターレーションを展開することになりました。

テーマは夏の風が会場を彩る。

先日の京都法然院の土器作品数点と新作50点あまり。抽象的な

陶のフォルムに絡む花をご覧下さい。

なお、作品は販売いたします。

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 06:42 | comments(0) | - |
そつたく窯命名15周年記念ー啐啄の集いー

八王子エルシー・八王子市   2018年7月7日(土)
「そつたく窯命名15周年記念・穴窯築窯10周年記念」 

ー啐啄の集いーを開催致しました。

 

昨年末より打ち合わせ始めまして、いろいろな皆様のご希望、

ご意見を頂いて、豊かな内容のある会になりました。

4教室の生徒さん、友人など90名ほどの皆さんとお祝いの場を

持てたことに、とても感謝いたします。

 

かねてより、いちど4教室の集いの場をと願っていましたので、

大きな行事を終えた安堵感をかみしめています。

 

今回の会では画像の今井蒼泉氏のライブパフォーマンス、

佐藤康子氏とお仲間によるコンサート、マミフラワーの

手島久子氏の美しい装花など。

また、窯の歴史をたどるスクリーンなども交えて、多くの皆さん

と和やかな時を共有できました。

今後の窯の発展を皆様と考えていきたいと思います。

 

事情によりお声がけ出来なかった方、健康的な理由で不参加に

なった方などがたくさんいらっしゃいます。

この場をかりてご報告申し上げます。

みなさま、お疲れさまでした。

              

              2018年7月12日 そつたく窯

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 14:43 | comments(0) | - |
第8回啐啄の集い作陶展 法然院・京都

法然院・講堂

おかげさまで、

第8回啐啄の集い陶展を無事に終えることができました。

先にもふれましtが、今回も外国からの来訪者が多くて、おそら

くお客さまの8割はそれらの方々でした。

メンバーの皆さんは、普段より応対になれているようで、

混乱もなく会期を楽しむことができました。

今回も、お花はウイリス伸子さんにお世話になりました。

会場の入り口にある花器のコーナーには、山野草が皆さんの

作品に挿花されています。

おそらく、それらの花に魅せられて、ご来場を頂いたものと思わ

れます。

次回も楽しみたいと思います。

東京より多くの生徒さんにご来場いただきました。

ありがとうございます。

次回は3年後の5月にお目にかかりましょう。

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 21:26 | comments(0) | - |
第8回「啐啄の集い陶展」 法然院・京都

法然院

いよいよ京都での展示会が差し迫って来ました。

作品は出来上がっているので、先ずは一安心なのですが、

看板やキャプションを作成したり、細かな雑用をこなしています。

 

8回目ともなると勝手知れた場所なだけに、緊張感は薄いので

が、それでも来訪者の多い場所柄なので、準備を怠る事はでき

ません。

 

京都の友人に聞くと、ここ数年来外国からの観光客がとても

多いとのこと。

ご挨拶文、キャプションの一部を英文にして、会期中の

混乱を少しでも緩和出来ればと願っています。

 

今回の私の出展作品はごくごく少数に絞り、しかも組作品的な

要素のあるものを選びました。

そして、土器の様式を取り入れた造形作品としました。

 

土器の解釈は色々とあるとは思いますが、ここでは素焼きされ

ものに彩色をすると言う、シンプルな工程を選びました。

素焼きされた器物に色付けするのは、それこそ縄文時代よりな

れています。

漆こそ使いはしませんが、身近にあるものを駆使してイメージ

を追っています。

 

ぜひぜひ、ご来場下さい。

 

第8回「啐啄の集い陶展」

2018年6月7日(木)~10日(日)

京都市左京区鹿ケ谷・法然院 講堂

お問い合せ   /    090-9688-8235  (川合)'

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 21:09 | comments(0) | - |
episode

ある本を開いてみたら、20数年前のメモが出てきた。

メモと言っても原稿用紙に書いたもので、図録に印刷される原稿と

して書いたものだった。

かって赤坂見附にあったサントリー美術館。その原稿はそこの企画展で

あった「サントリー美術館大賞展」に出展するためのものであった。

懐かしいので、少し長いのですが記してみます。

 

「日常、私達があまり目にすることのない、存在希有なものが、

都市のスミには存在している。

それらは東京湾岸埠頭にあったり、埋立地あったり、あるいはひっそりと

した鉄道高架下にあったりする。

一見、存在自体を自ら隠そうとしている様に見えるその物たちは、一応に

都市の中にありながら、都市のもつ現実的時間の流れとはかけはなれた

浄化、静止した空間に位置するように受けとめられる。

一体それらは何なのか。

簡単に抽象表現すれば、「何処でもない何処か、何でもない何か。」

と言うことになるのであろうが、これら物体の持つ霊的な超現実性が、

私を眼に見えない遠い遥かなものを予感させ、眼に見えない世界へと導き、

人間が本能的に持っている方向性へと示唆する。

私の制作意図は、これらの声に応え、作品をより物体的に、より物質的に、

あるいは霊的に導くことである。」

 

このコメントの作品は「Nostalgia」というh2mという大作。

ロシアの映画監督アンドレ・.タルコフスキー作品『ノスタルジア』に

 インスパイアされての命名と記憶している。

その後、形態を変えて「ヨブからの答え」と言う作品名にもなりましたが、

いずれは更に形を変えて発表したいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 17:23 | comments(0) | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ LINKS
+ OTHERS
+ MOBILE
qrcode
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ