CERAMIC WORKS

陶と金属の造形
episode キースン・スロッツ

キースン・スロッツ作・ピッチャー

デンマークの陶芸家・キースン・スロッツ氏

のコレクションを、湘南に近いギャラリーで

拝見してきました。

昨年より心待ちにしていた今回の出会いは、

期待通りのもので、作り手としてもとても満

のいくものでした。

ある図書で、偶然目にしたキースン氏の作品

日本的でありながら、なぜかノスタルジー

感ずるもので、とても手元に置きたいと感

じたものです。

そのノスタルジーな感覚は幼少の時に感じた、

昭和の西洋建築に見られるものに近似してい

て、不思議に思うのですが、当時の窓枠であ

たり、ドアの造りであったり、そのノブで

あったりと、当時の和の物とは違うニュアン

スを含んでいした。

確かにオシャレであったのですが、ところど

に、とてもデザインという意匠を感じまし

た。

まさしく昭和の粋というものなのでしょうが、

その意匠が、とても細部にまでいきわたり、

当時のものとは一線を画していました。

スロッス氏の作品も日本人には考えも及ばぬ部

位にとても意匠が凝らされています。

そのあたりの異国情緒も魅了のひとつです。

ご縁がありまして、いくつか手に入れることが

できました。

折あるごとにご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 22:31 | comments(0) | - |
episode 穴窯焚き

 

 

穴窯ー長江寺・八王子

穴窯の火入れまで残すところ6週間。

ここ暫くは大きな作品に絞り制作を続けています。

現在は1m近いオブジェを二体手掛けていますが、複雑な形

から来る難易度の高い工法に、行き先を阻まれています。

それこそ無傷でとれる確率はどれ程あるのか?

 

私のようなアウトラインと、それに内包された直線を意識し

た形はどちらかと言うと、陶芸作品には不向きなもの。

彫刻的な要素が強いのです。

収縮という制約と、穴窯という構造上による制約が、更に

出口を狭めます。

 

完成のイメージにはかなりの幅を持たせないとなりません。

そして、いつも柔軟な姿勢であることが大切です。

作業の経過で不具合があれば、修正と方向転換を繰り返す。

そして、その時の持ち味を最大限に活かす。

難しいことですが、これらを受け入れることで、おぼろげな

完成図が現れてきます。

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 17:57 | comments(0) | - |
episode 穴窯の制作

築窯当時の穴窯ー長江寺・八王子

 

穴窯の制作が進んでいる中、そつたく窯陶芸教室の

教室展が初夏に決まりました。

眺望の良いとても素敵なスペースになり、有難く思っています。

詳細は後日ご報告することにして、教室の皆さんはそれを意識し、

制作に励んでおります。

4月の穴窯の作品は作陶展を目の前に、力のあるものが期待出来る

ことと思います。

現在はそれらの指導にあたっているのですが、具象、抽象にこだわ

らず、器からオブジェ、、。

または仏像にいたるまで、バライティーな内容になりそうです。

私の願うところは、、

いつも同じなのですが、貴重な資源を消費し、環境にも関わる窯を

、思いにも無駄なく、誠意のあるお心持ちで味わってほしい。

それに限ります。

また、そんな思いで手作りでコツコツ造った穴窯です。

工程を十分に楽しんでください🙏

 

そつたく窯陶芸教室

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 20:20 | comments(0) | - |
episode 穴窯の制作

八王子アトリエ

4月に焚く穴窯(薪で焚く窯)。

その窯に入れる作品を急ピッチで制作しています。

先ずは難易度の高い抹茶碗を、色々な粘土で、様々な形を

作っています。

今回は電動ロクロは一切使用せず、大型の卓上用の手回し

ロクロ(画像の右の物)のみでおこなっています。

これは遠心力で回っている時間の制限の中で成形するために

手早く、更に無駄なく土を伸ばさなければなりません。

その瞬時の時は、とてもシンプルで密度が濃くて、気に入って

いる成形法の一つです。

20代にお世話になりました清水寺に近い府立のロクロ学校の

の物置には、その手回しロクロ(おそらく戦前のもの)が保存さ

ていましたが、天板は木製で(檜か欅)、5センチ程の厚みが

あり縁の一部に穴があいておりました。

そこに煙管の様な道具を差し込み、イキヨイ良く回す簡単な物

でした。

現在でも岐阜県の美濃あたりでは使用している窯元もあるよう

ですが、動力を使わないことに惹かれます。

手の勢いも様々。

粘土の性質も様々。

その時の作者のコンディションにも影響を受けやすいこの成形法。

均整な物は生まれませんが、味わいのあるラインが表れます。

陶芸のひとつの醍醐味みたいなものを感じるのですが、経験のあ

方はどの様に思われているのか。

今回の窯では抹茶碗や片口、酒器などを考えています。

 

そつたく窯の穴窯は東京で最も都心部に近く、利便性にも恵まれた

お寺さまに位置しています。

一般の方の参加も歓迎いたします。

どうぞお知らせ下さい。

 

穴窯 ー 長江寺・八王子市加住町

穴窯焚き  ー  4月12日・13日・14日(日)

窯詰め    ー   4月4日・5日(金)

窯出し    ー   4月20日(土)

 

[連絡先]  e-mail: info@sottaku.com  (件名に穴窯と入れて下さい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 19:32 | comments(0) | - |
episode あわいの景'19

鳩森八幡神社・能楽堂・千駄ヶ谷

秋の催し物ですが、「あわいの景」を開催することになりま

した。

四谷ミニスペース以来ですので、実に4年ぶりになります。

しかも、今回は能楽堂という格式のあるスペースで。

2度ほど足を運びましたが、檜の白い色が、辺りにまで霊気の

ある光をおよぼす素敵な空間です。

それは、単にお能を演ずるがために形式的に組み立てられた

空間。それをも超えた次元へも導いてくれます。

その空間はいたってシンプルに出来ており、遮蔽する物も一切

りません。

観客の位置から眺めるより一層屋内は平面な間。

照明器具と呼ぶほどのものもなく、窓からの採光を意識した造り。

内側と外側でこれ程波動の違う空間をかって体験しただろうか、、。

とても楽しみです。

尚、今回は最終日に箏曲家・佐藤康子氏のコンサートが開催され

ます。

もちろん、あわいの景の中で開演されます。

 

「あわいの景」-  陶と生花のインスタレーション

                        川合牧人(陶造形作家)、今井蒼泉(華道家)

「コンサート」-  佐藤康子氏によるお箏による演奏

 

2019年 11月8日(金)・9日(土)・10日(日)

鳩森八幡神社前・能楽堂  (千駄ケ谷)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 21:46 | comments(0) | - |
2019年 新春 そつたく窯・啐啄窯

赤楽干支「亥」🐗


  新年あけましておめでとうございます

   本年もよろしくお願いいたします

      皆さまにとって素敵な年になりますよう

        

                そつたく窯・�吸啄窯

 

〈2019年スケジュール〉

 4月  穴窯焚き

 7月  そつたく窯陶芸教室作陶展(予定)

 9月  第10回川合牧人作陶展・京王百貨店新宿店

11月  「あわいの景」・鳩森八幡神社能楽堂・千駄ヶ谷

 

米 穴窯は一般参加も可能です。

  どなたでもお知らせください。

  e-mail:info@sottaku.com (啐啄窯陶芸教室)

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 01:02 | comments(0) | - |
episode 師走の候

長江寺 八王子 2018.12/26

2018年も残すところわずかになりました。

今年も窯に集う多くの皆さんに支えられまして、色々と

楽しい時を過ごすことができました。

一昨日、穴窯の整理に行ってきたのですが、窯は変わらず鎮座

していました。

来春の火入れの安全を祈願しつつ、周辺を整理してると、

色々と窯にまつわるエピソードを思い出します。

いつもの様に、11年前の冬にコツコツレンガを積んでいた光景が

思い浮かびます。

毎日少しずつ積んでいく作業で、その時をとても深く味わっていま

した。 自身にとっては掛け替えのない思い出です。

2019年の窯は春におこないます。

薪は充分に乾燥され、その時を待っています。

多くの皆さんに参加してほしいと思います。

陶芸の経験のない方、作品を焼いてみたい方、窯焚き作業のみ

参加したい方。

どんなたでもお待ちしています。

 

《連絡先》

e-mail :  info@sottaku.com (そつたく窯・穴窯の会まで)

○件名に穴窯参加と明記して下さい!

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 21:13 | comments(0) | - |
episode 師走の候

コートギャラリー国立・国立市

 

2018年も残すところわずかになってまいりました。

今年も色々とイベェンがあり、ユニークな時を過ごすことが

出来ました。

念願であった「そつたく窯・啐啄窯命名記念」啐啄の集いを

多くの皆様にお祝いして頂きました。

また15年の時を共有できた教室という空間に、新たな気持ち

で向き合う機会を頂きました。

まだまだこれからも皆さんと窯をとおして、語り合っていきた

いと思います。

さて、来年の教室の行事のメインは展示会。

「そつたく窯・第10回作陶展」を開催する予定でいます。

4月の穴窯焚きから出てきました作品を中心に、日ごろの成果を

ご覧頂けますように、準備が始まっています。

川合は9月の京王百貨店新宿店での個展。

こちらも10回目を迎えることになり、20年の総決算的な内容

を目指せたらと思います。

すでに、こちらの制作も始まっており、実用・非実用におさまら

い独自な風を感じて頂けるような作品を考えています。

 

師走の静かな間にありつつ、遠くにありまた近くにある小さな

小さなやさしい感触を、、。

感じていたいと願っています。

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 14:24 | comments(0) | - |
第10回 川合牧人陶展 京王ギャラリー・京王百貨店新宿店6F

求道会館・本郷・2018、11

 

2018年も残すところひと月あまりになりました。

今年も大きな会場でのインスターレーションや、

京橋での新しい空間での発表など、出会いの多い制作が

相次ぎました。

作者としてはとても有り難いことで、ますます

未知への道すじがあらわなってきたという感じがします。

 

さて、ありがたいことに、第10回川合牧人作陶展が新宿

の京王百貨店・京王ギャラリーにて開催が決まりました。

隔年開催ですので、20年の月日が流れたことになります。

どの様な内容になるのかは答えにくいところですが、

春の穴窯の作品をメインに、磁土でのものが少し入る予定

です。

 

画像は佐藤康子氏のリサイタルのもの。

こちらも大切なライフワークのひとつです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 21:10 | comments(0) | - |
episode 佐藤康子氏二十五絃箏リサイタル

小宮公園・八王子

今年も箏曲家・佐藤康子氏のソロリサイタルの舞台を制作しました。

前回に続き竹を部材に使用し、会場に相応しい風景を作りました。

竹は自宅に近い長沼公園の入口にある神社さまから頂戴したもの。

傾斜地にあるためか、今夏の猛暑の影響のためか、

同じところにある竹でも、様々な竹があり、自然界の奥行を体験

できた貴重な時でもありました。

竹を部材にした舞台は3部作と決めているのですが、その2回目は

竹の屈折した交じわりから生まれる凛とした花の存在。

イメージとして、荒れた竹林の中に霊妙に花ひらく一輪の百合で

した。

百合そのものに霊性を感じていましたので、あとはその周辺を作

る作業です。

今回はゲストに沢井一恵氏を招いてのとても豪華な顔ぶれ。

そんなことと会場の雰囲気と相まって、なかなかの評判でした。

もちろん、佐藤康子の演奏もこい内容で、これぞリサイタルと言え

るもの。

私のライフワークの一部となりつつある仕事にとても充実感を

感じてます。

✴舞台の画像は後日に公開します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 08:34 | comments(0) | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ LINKS
+ OTHERS
+ MOBILE
qrcode
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ