CERAMIC WORKS

陶と金属の造形
Episode

八王子アトリエ

あたたかな日が続いております。

個人的には一年で一番ワクワクする季節です。

天気の良い日は、川沿いをふた駅先まで歩いて、

ザックにたくさんの食料品を詰め込み、電車で帰る。

そんな日々を送っています。

もちろん、早朝より秋の個展に向けての制作も進め

ています。

ちなみに、今回の個展ではやはりテーマになって

おります、象とライオン。 こちらをメインにして、

大きなオブジェを絡ませた構成で、会場いっぱいに

インスタレーションを試みます。

毎回新しい試みを加えて不思議な世界を表現できる

ことに喜びを感じています。

さて、世間を騒がせております新型コロナの収束も

すこしは見通しがつき始めているこの頃。

2か月お休みしていた教室も始動せねばなりません。

休み癖がついてしまい、気持ちはまだまだ万全では

ありませんが、皆さんの声を聞いて、にぎやかな

学びの空間を楽しみたいと思います。

今月の最終週には、すでに予約が入っています。

先ずは、八王子教室、狭山教室からスタートします。

以前と同様に励みます。皆様の参加を楽しみにして

おります。

画像は2,3年ぶりに咲き始めた小さなバラ・

(スイート・シャリオット)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 05:25 | comments(0) | - |
お知らせ

 

東京都の非常事態宣言がさらに5月末日まで
延長されました。
それに準じつつ本日8日より八王子教室、
狭山教室は若干緩めに、自由参加とという
形式をとり少しずつですが、完全再開に向
け、動き出します。
すでに参加予約がはいっておりますが、
少人数制にて対応いたします。
どうぞお尋ねください。☺
      2020年5月8日 
         そつたく窯陶芸教室

 

※京王カルチャー教室(聖蹟桜ヶ丘)、セブンカルチャ

 ー教室(アリオ橋本)は引き続きお休みとなります。

 再開まで今少しお待ちください。

 尚、画像と記事は関係ありません。

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 06:25 | comments(0) | - |
Episode

デルフトのタイル

昔のお話しになりますが、千葉の盲学校の生徒さ
んの陶芸作品を拝見したことがあります。

薄暗い会場に入り、先ずその存在感に圧倒さた
印象が今でも強く残っています。
余分なもののない表現とはこの様なものになると。

作品は動物が多くて、更にそれを飛び越えてオブ
ジェの様なものも見受けられました。 
そして更に、生徒さんの中には生まれつき不自由
な子供もいたことです。

牛を見たことのない子供が作る牛がある。
馬を見たことのない子供が作る馬がある。
思考の経路を通らずに出てきた作品は、そこに
「在る」というそれだけで十分に感慨深いもの
でした。
黒っぽく焼かれた作品たちはブロンズの様な
しっとり感を持ち会場をうめていました。

この展示会は25年ほど前に、池袋の西武百貨店
で開催され、盲学校で指導されていたのが前衛
陶芸家(美術家)の西村陽平氏でした。
(個人的に前衛陶芸家と呼べる方は西村氏以外に
ありえない。)

物(作品)の”生まれる”、”そこに在る”、と
いう問いは、制作以前に問われるべき設問の様
に思います。
大切にしたいと思います。

さて、画像はデルフトのタイル。こんなあり方も
素敵です。
ちなみに、このタイルは八王子にあります、
ヤスタケというカフェの別室にてご覧いただけ
ます。







 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 06:09 | comments(0) | - |
episode 穴窯の修理 part-3

穴窯・八王子市加住町☺ 

穴窯の屋根の修理も半ばを迎えています。

今日は月に一度の修理の日。 

風通しの良い屋外での作業ということで、屋外

作業。

本日の工程はこれから使用する耐火煉瓦の掃除、

そして、実際に耐火煉瓦を積んでいく作業を

想定しての予行演習。

 

二か月ほど前に解体した煉瓦を復元するのですが、

若干記憶が飛んでいたりして、ちぐはぐした時

を過ごしながらも、構造を把握し、画像のように

仮に積せてみました。(;'∀')

解体したものを復元するという簡単なことなの

ですが、煉瓦の一部が解体中に破損していたりと

か、材料の余分がないために緊張を強いられます。

 

と言うのも、実際に組み上げる時は、すべてを

一日で終わらせなければならずで、途中で材料を

仕入れに行くことは出来ません。

煉瓦を窯の左右の下から一列ずつ10段を積み上

げて、最後のキイ・ストーンをしっかりと固定し、

仕上げになります☻

その途中には色味穴の窓が数か所ありますので、

それもうまく入れ込まなければなりません。

 

6月か7月の日曜日に煉瓦積みの作業をします。

興味のある方は一報をお願いします。('◇')ゞ

 

           そつたく窯 穴窯の会

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 06:55 | comments(0) | - |
episode お知らせ

コートギャラリー国立

 

目まぐるしく世の中が変わりつつありますね。

わが教室も、万が一のことを考えて対応せねばならず、

そつたく窯陶芸教室(八王子教室、狭山教室)は、

4月9日より5月6日まで、お休みにいたします。

皆さんそれぞれに環境がちがいます。

特に八王子教室には都内より通われている方が多く

それらのことを考えますと決断せねばならず、苦渋の

選択として、ご理解下さい。

連休明けより気分も一新し再開(再会)したいと思

います。

どうぞよろしくお願いいたします。

      2020年4月9日 そつたく窯陶芸教室

 

 

※京王カルチャー教室、アリオ橋本セブカルチャー教室

 は全面休講になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 06:29 | comments(0) | - |
episode 生まれた空間

「象の親子」(仮称)・陶、白磁

新型コロナウイルスの感染者の増加で、多くの皆さん

が、先の読めぬ不安を大きく抱えています。

在京の私も当然そのなかにあり、普段とは大きく違う

空気に戸惑っています。

今、何をすべきか?

と、問い返す時があります。

自営と言う仕事柄、現況から受ける、負の要素もダイ

レクトにあり、さらに問いが深くなっていきます。

この負の要素を生きる支えとするわけにもいません。

しかし、そこから生まれてくるすき間を模索し、

現況をも受け入れる視座で、先の正の展望を期待した

と思っています。

先の東北の震災に続き、ここのところとても大きな

潮流の変化が、世の中におこっています。

大きな意志がはたらいているのでしょうか?

でも意識の改革、変容の時ではあるようです。

 

画像の組作品は近作なのですが、いまだ発表する機

恵まれていないものです。

背景の陶のオブジェは穴窯で再焼成した時に倒壊し、

分割されたものです。

それだけで十分に作品として成立するのですが、少

物語をいれました。

白磁の象の親子は"生命・誕生"の象徴としてあります。

倒壊したオブジェは終わりのない"争闘"を。

 

いつの世にも美しい”誕生”というスペースは存在し

ています。

そのような正のスペースは意識の持ちようで、何時

でも得られるのでしょう。

静かに見つめていきたいと思います。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 07:30 | comments(0) | - |
新型コロナウイルスへの対応 八王子教室

          

《そつたく窯陶芸教室に通う皆さまへ》(´・ω・`)

少々細かいお知らせになってしまいなすが、

東京都の感染拡大の警告をふまえて、以下のことを

実施したいと思います。

どうぞご協力をお願い致します。(;^ω^)

参加下さる皆さまのお住いの地域、交通手段等が違い

ますので、皆さまのお考えをプラスして、お付き合い

下さい。

今後の教室運営に関しては、推移、状況を考慮しつつ、

反映させていきたいと思います。

また、新型コロナウイルスに対する考えは、個々人

よって大きく違いがあると思います。
教室運営の立場からは、皆さんのお考えを尊重した

いと思いますので、忌憚ないご意見を、講師にお伝

えください。

《実施事項》('◇')ゞ

●玄関に小さいですが消毒液のスプレーを置きました。

教室に入られる前に手のアルコール消毒をお願いしま

す。不織布マスクも置きましたので、お使い下さい。

●生徒さん同士が過密にならない様、当面予約受付は

5名様を最大定員に致します。(通常6名)

●ドアノブ・水道ノブやトイレ等の消毒(昼・夕)。

●教室終了後(午前・午後共)に換気を行います。

●皆様がお使いになったた道具(カンナ・ロクロ・

椅子・机等)は、教室終了に講師が消毒を致します。

●お茶菓子は個別包装の物をそのままお出しする様

に致します。              以上             

皆様がお気軽に作陶を楽しめるように致しますので、

しばらくの間お付き合いをお願いします。

(´・ω・`)

 

        2020・3.28 そつたく窯


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 05:26 | comments(0) | - |
穴窯 屋根の修理

穴窯・八王子市加住町

新春より進めています、穴窯のアーチ部(屋根)の解体

修理の経過報告です。

新しいアーチに直すための第一難関であった、支保工が

完成をして、窯の内側にうまくおさまりました。

ほぼ隙間なく美しく設置出来ました。

画像の木型の上にレンガを規則的に並べていくのですが、

まずは一層目のレンガを載せて、時をかえて、二層目の

保温レンガを載せます。

そのレンガの隙間には耐火モルタ34番を詰めていきます。

予想以上に上手く設置ができたことは、皆さんのお力添え

と嬉しく思います。

4月には載せるレンガの掃除を済ませて、レンガ積みの

準備をします。

作業にご興味のある方はお知らせ下さい。

          そつたく窯・穴窯友の会(修理班)

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 06:45 | comments(0) | - |
episode

白礫釉花入

京都での展示会が延期になり。またコロナの影響のために

3月の出張陶芸教室はほぼ休講となり、少しスペースが

生まれましたので、公開する作品の撮影をしております。

まだ、習作の段階ですが、良いものが撮れましたら、

色々な機会に使用する予定です。

まずは、ネット上で作品販売を予定していますので、

その為のものを。
ネットショップという形式で考えておりますので、作品の

良さを画像に反映せねばならず、試行錯誤しております。

公開の日時が決まりましたら、お知らせ致します。

 

さて、早くも ”京都私三人展”の日取りが決まりました。

来年の同じ時期になります。以下、ご予定に入れて頂ける

と嬉しいです。

 

「京都私想3人展」

川西幹雄、川合牧人、山田 晶 

2021年 4/6(火) - 4/11(日)

生活あーと空間 ぱるあーと

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 06:56 | comments(0) | - |
京都私想 3人展 ぱるあーと 京都

 

 

4月に予定をしていました、3人展ですが、

昨今の難しい状況を熟慮し、延期に致しました。

今回の展示に合わせて、東京からも多くのお客様にご来訪

頂くことになっていましたが、残念でなりません。

これにこりずにまたの機会にお越し頂ければと思います。

関係者の皆さまお世話になりました。

また次回は今秋、もしくは来春の同じ会期を視野に検討を

しておりますが、改めてご報告いたします。

                     川合牧人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 06:23 | comments(0) | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ LINKS
+ OTHERS
+ MOBILE
qrcode
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ