CERAMIC WORKS

陶と金属の造形
第7回あわいの景 藤森八幡神社 千駄ヶ谷


第7回 あわいの景
本日より開催されます。
10日の最終日にはお箏の佐藤康子氏のライブ
にあわせて、今井蒼泉氏のパフォーマンスも
開催いたします。
併せてお楽しください。

「4年ぶりの''あわいの景''を開催します。
しかも今回は能舞台というまぶしいくらい
神々しい空間。
お能の経験のない作り手が、このような素敵な
間に展開できることが有難い。
何を並べようか、、?

と、長い思案は虚しく過ぎて行き、、。
結局のところ、このスペースは何をも受け入れ
てくれる。
ということに至りました。

ご覧の陶のオブジェは、富士山にはじまり、
藤壺のような形態に落ち着きました。
淡々と並べられた"もの"植物がどのように伸びて
いくのか。
楽しみでなりません。」
       2019年11月8日
             陶造形 川合牧人

            

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 09:15 | comments(0) | - |
episode 舞台美術の仕事

中野テレプシコール

 

今年も箏曲家佐藤康子リサイタルでの舞台装置の依頼を

うけました。

今回は今までになくこじんまりしたスペースながら、名だた

る表現者の痕跡が残るとても素敵な空間。

コンクリートの無機質な表情が漂う外観と、舞台背景。

下見に訪れた時に感じた、メタリックな素材感の似合う空気

に魅了されて、試行錯誤の数か月。

下見の帰り際に見つけた天上のフックに展開の切っ掛けを

見出し、今回の様相にたどり着きました。

陶素材を主に表現をしている者が、今回は金属ということで、

意外感を感じた方も多いことと思います。

実は鍛造、鍛金などを教授していただいた師匠に恵まれまし

て、2年間という短い修行期間ながら、一子相伝という間柄

で勉強をさせて頂いた時がありました。

そんなことがここ数年、あらゆる場面でお披露目できる機会

に恵まれています。

とてもありがたいことですし、師匠への感謝の思いが尽きま

せん。

幸いにも、この度の舞台も好評で、佐藤氏の素晴らしい演奏

と絡んだとことに、とても満足をしています。

自身の表現にも、その他での展開でも、今後もあらゆる素材

を用いた表現を試みたいと強く願っています。

そして、今回の舞台に関わった皆様に感謝いたします。

 

おつかれさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 22:50 | comments(0) | - |
舞台美術の制作

今年も箏曲家・佐藤康子氏のリサイタルが開催

されます。

そして、今回も舞台装置の依頼を受けました。

今回は場所をかえて、中野テレプシコールに

なりました。

渋い建築で、とてもライブ感の溢れるスペースです。

過去には錚々たる芸術家が、試行し痕跡をのこして

いる場。

このような素敵な間に、今回川合は金属製のオブジェ

を展開し、さらに植物も絡めてお見せします。

箏の旋律にオブジェの様が同調し、大きな波動が

テレプシコールに生まれますよう願っています。

 

今回は土、日曜日と2日公演になります。

中野近隣にお越しの際は、ぜひお越しください!

 

✴佐藤康子二十五絃箏コンサート vol 13

  中野テレプシコール

   2019,10/5(土)18:00~

             10/6(土)15:00~

    前売券3000円

    当日券3500

 

お誘い合わせの上おお越しください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 20:22 | comments(0) | - |
第10回記念 川合牧人陶展

第10回記念 川合牧人陶展、

お陰様をもちまして、盛況のうちに終えることができました。

会期中にはたくさんのお客様に恵まれまして、

とても有意義な時を過ごすことができました。

感謝申し上げます。

また、今回は森宗勇氏、鈴木宗雅氏、澤井宗久氏による添釜の

ご縁を頂きました。

心より御礼申し上げます。

次回は2021年初秋。

皆様のご期待に添えるべく、精進いたします。

再会を楽しみに🙏

 

そつたく窯    川合牧人拝

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 22:20 | comments(0) | - |
第10回記念川合牧人陶展 京王百貨店新宿店 京王ギャラリー

 

10回目の器の個展が来月に開催されます。

オブジェやインスターレーションの展示会と

交互で開催しているので、なんと20年間もの長き

に渡り続けてきました。

ほぼ毎回、半分以上は新しい試みをおこなっていて、

何々を一筋と言うよりは、色々な表現を楽しめる

内容になると思います。

今回は新しく調合した飴釉(2種類)の実用的な器、

穴窯の茶器や花器。

オリジナルの白礫釉の諸々の作品を中心に、展覧

いたします。

また会期中には添釜を、隣接したお茶室にて楽し

んで頂けます。

残すところ一月あまりになりましたが、最後の

最後まで作品作りに徹して行きたいと思います。

都内にお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さい。

*初のブロンズ作品も2点発表いたします。

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 22:00 | comments(0) | - |
episode ルート・ブリュック

「ヴェネチアの宮殿」

 

先日まで開催されていた「ルート・ブリュック 蝶の軌跡展」

の図録が届きました。(東京ステーションギャラリー)

 

その緻密な色彩と奥行きに、深い驚きと感銘を受けました。

まずその多彩な釉薬の組み合わせに目を見張るのですが、

いったいどれほどの数の釉薬が使われているのか。

色の数だけではなくて、釉調(光沢、半光沢、失透)の使い方

にもとても工夫がなされていて、絵画を見ているような視線に

かわります。

また。そのマチエールには緻密で複雑な文様が施されており、

さらに画面に厚みを加えています。

画像の作品だけでなく、10年周期で作風が大きくかわって

いく様もとても興味深く味わえる内容。

生徒さんの反応も様々なのですが、その技法を取り入れた教材

を試案しています。

もちろん自身の制作の一部にも取り入れたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 07:06 | comments(0) | - |
episode 越後古材

 

越後古材店

9月の個展に使用する古材を探しに長岡市まで出掛け

した。

このお店では、主に古民家を解体した時に出る多種な

部材扱っていて、それこそ戸板から床板、階段まで

ありとあらゆる材が所狭しに置かれています。

日頃覗いている骨董市にあるものとは一味違い、使う

目的はっきりとしていないと粗大ゴミと言われても

仕方のないものばかり(^^;

伺うと、主に店舗などの建築材として使用されるとの

こと。

確かに梁や引戸などは飲食店に組み込まれていると思

い返ました。

 

9月の個展は百貨店ということで、個人的にはレイア

トの難しいスペース。

空間表現の時の自由な発想が出て来ない、、。

苦手意識を過去より作り続けてしまったようです。

そんな中での試行錯誤で考え付いたのが時代物の力を

作品の展示に減り張りをつけようということ。

平たい展示台に並べるとどうしても単調になってしま

為の対処法。

見た目は汚くても使い方によっては相乗効果を発揮し

す。

そのレイアウトを考えるのも楽しい仕事です。

 

第10回記念川合牧人作陶展

2019年9月19日(木)ー9月25日(水)

京王百貨店新宿店6階・京王ギャラリー

10:00−18:00(最終日は16:00閉場)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 09:32 | comments(0) | - |
第11回そつたく窯作陶展 ヴータコミューネ・多摩市・聖蹟桜ヶ丘

いよいよ作陶展まで一月となりました。

出展者の皆さんは、それぞれに自身の作品と向かい

合い、組み合わせ試案しつつ、出展作を決めている

ようです。

会場はかなり大きなスペースになります。

展示台やソファーなどの配置は、余り選択肢はない

ようで、その分空間が単調にならないような工夫が

必要ななりそうです。

壁や花などの配置に工夫をして、季節感のあるものに

なればと、ひとり空想を楽しんでいます。

喫茶や軽食を提供してくれるカフェも同じフロアに

併設されています。

眺望の素晴らしい空間へ、お誘いあわせの上お越し

下さい。

                      2019年6月9日 そつたく窯

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 20:23 | comments(0) | - |
episode 第11回そつたく窯作陶展

 

八王子アトリエ

隔年で開催している教室の展示会が7月に開催されることになり、

その準備を幹事さんを中心に進めています。

今回は会場を多摩市に移しての初の展示会となります。

長年、府中市で開催していたこともあり、名残惜しいものもある

ですが、諸々の事情でこちらにお世話になる事になりました。

こちらは、京王線・聖蹟桜ヶ丘駅に隣接し、眺望もよく、しかも

かなりゆったりとしたスペースを備えています。

公共の施設のもつかたくるしさもなく、自由にレイアウト出来る

のも魅力です。

先月に焚き上げた、穴窯の作品をメインに、作者の自由な表現が、

会場に満載されることを願っております。

是非ともお誘い合わせの上、ご来場下さい。

 

「第11 そつたく窯・啐啄窯作陶展」  

 

2019年7月25日(木)~7月29日(月)

10:00~17:00(初日は13:00から/最終日は15:00まで)

多摩市立関戸公民館・ヴィータ・コミューネ  7階ギャラリー

京王線聖蹟桜ヶ丘駅より徒歩7分

 

▶連絡先

 e-mail:info@sottaku.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 09:08 | comments(0) | - |
在カメルーン共和国日本大使館 茶会 平成天皇 自然釉花入 そつたく窯・啐啄窯 八王子 

在カメルーン共和国日本大使館

昨夏八月の在カメルーン共和国・日本大使館において、

「日仏茶道交流会」を主宰する森宗勇氏(茶道裏千家)によって、

茶会が開催されました。

その文化交流の席で、拙作「自然釉花入」が、日本大使館へ収蔵

されました。

これからのカメルーン共和国と、また今後交わりのある国々との

交流の場で、使われるとのことです。

とても名誉のあることです。

また、「そつたく窯・啐啄窯」の今後の発展にも大きく関わること

しょう。

この度、在カメルーン共和国日本大使館より礼状が届きましたので、

この場でご報告いたします。

折も折ですが、平成天皇様のお写真の横でおさまっています。

 

鵬雲斎大宗匠筆の色紙の横に

セレモニーの席で

 

2019年5月4日

そつたく窯・啐啄窯 川合牧人

そつたく窯・啐啄窯陶芸教室 八王子

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 21:39 | comments(0) | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ LINKS
+ OTHERS
+ MOBILE
qrcode
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ