CERAMIC WORKS

陶と金属の造形
<< EPISODE 日々の制作 | main |
川合牧人・中村秀文2人展「GARELLY ふたつの月」 2017年11月23日~11月29日

 

GALLERYふたつの月

                                ご挨拶
この度、小倉在住の中村秀文氏との二人展を開催することになり

ました。
「GALLERY ふたつの月」第1回目の企画展となります。
中村氏とは25年来の付き合いになるのですが、2人展は初めてのこと。

また陶と絵巻という試みにも興味があり、開催の運びとなりました。
事のはじまりは中村氏が早春に出会った光景から始まります。
「2月の里川ままだまだ寒いころ。 そこにスケッチに訪れると傷つい

た白鷺が一羽いたそうです。

白鷺を気にしながらスケッチをして、しばらくして戻ってみると鷺は

息絶えていました。
自然界の摂理を感じつつ受け入れたその時、その傍らには美しい水仙

が群生していました。
まさに生と死の交わりがそこにはあったのでしょう。
死のみを肯定するのでなく、また生のみをを肯定するのではない空間

がそこにはありました。」
「此岸と彼岸との交流が生まれたに違いないその場。そこには天上の

静まりがあり、濃密な闇の沈黙がある。闇の光景に出会うと人は立ち

尽くし口をつむぐのですが、光と闇を水平に受け入れることで生まれ

る柔らかい視野、視線。」
そんな2人の「あわい」を表現致しました。
ご来場お待ち申し上げます。
                                      

             2017年 11月12日
                                                              川合牧人  中村秀文

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 08:23 | comments(0) | - |
スポンサーサイト

にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| - | 08:23 | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ LINKS
+ OTHERS
+ MOBILE
qrcode
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ