CERAMIC WORKS

陶と金属の造形
<< episode | main | episode 「第8回啐啄の集い陶展」 法然院・京都 >>
episode 川合牧人展 ギャラリー檜e・f

縮尺模型

画像は今秋に予定している京橋の画廊の模型。

25分の1の縮尺で作成したもので、段ボールのハンドメイド。

大きな展示会の前には必ず模型を作り、様々なレイアウトや新し

いプランんを机上で楽しんでいます。

大きな道具を使用しての空間表現は現場のすり合わせだけでは

とても回すことができず、事前の細かな作業がものを言う。

模型で色々と試行をしていると、新たなアイデアが色々と出てき

て思わ方向へ移行することもある。

ベースはシンプルに作品を見せることにあるので、そのための時

は惜しまない。

今回は画像の空間に板状のものを縦横に添わせる仕掛け。

今までにないほどの長さで対応するので、金具類が決め手になり

今後の流れでは久々の鍛造作業が入ることになる。

ご覧の様に2部屋の空間。小さな部屋には平面作品と花が入る予定。

そしてそのイメージは

「一億一千四百万年前のある朝、夜が明けてまもないころ、昇る

朝日を受けて一輪の花がぽっかりと開く。地球という星の最初の

花だ。すでに何百万年前から地球には植物が茂っていたが、この

最初の開花は植物という生命体の画期的な進化と変容を告げる

出来事だった。」

『ニュー・アース』 エックハルト・トール著の冒頭からの引用。

 

川合牧人展

2018年10月1日(月)−10月6日(土)

ギャラリー檜e・f

東京都中央区京橋3−9−9 ウィンド京橋ビル2F

 

アシスト:澤井雅恵(花)、中村秀文(平面)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 22:26 | comments(0) | - |
スポンサーサイト

にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| - | 22:26 | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ LINKS
+ OTHERS
+ MOBILE
qrcode
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ