CERAMIC WORKS

陶と金属の造形
<< episode 陶と花ーゆるやかな青葉風の中にー | main | 第8回「啐啄の集い陶展」 法然院・京都 >>
episode

ある本を開いてみたら、20数年前のメモが出てきた。

メモと言っても原稿用紙に書いたもので、図録に印刷される原稿と

して書いたものだった。

かって赤坂見附にあったサントリー美術館。その原稿はそこの企画展で

あった「サントリー美術館大賞展」に出展するためのものであった。

懐かしいので、少し長いのですが記してみます。

 

「日常、私達があまり目にすることのない、存在希有なものが、

都市のスミには存在している。

それらは東京湾岸埠頭にあったり、埋立地あったり、あるいはひっそりと

した鉄道高架下にあったりする。

一見、存在自体を自ら隠そうとしている様に見えるその物たちは、一応に

都市の中にありながら、都市のもつ現実的時間の流れとはかけはなれた

浄化、静止した空間に位置するように受けとめられる。

一体それらは何なのか。

簡単に抽象表現すれば、「何処でもない何処か、何でもない何か。」

と言うことになるのであろうが、これら物体の持つ霊的な超現実性が、

私を眼に見えない遠い遥かなものを予感させ、眼に見えない世界へと導き、

人間が本能的に持っている方向性へと示唆する。

私の制作意図は、これらの声に応え、作品をより物体的に、より物質的に、

あるいは霊的に導くことである。」

 

このコメントの作品は「Nostalgia」というh2mという大作。

ロシアの映画監督アンドレ・.タルコフスキー作品『ノスタルジア』に

 インスパイアされての命名と記憶している。

その後、形態を変えて「ヨブからの答え」と言う作品名にもなりましたが、

いずれは更に形を変えて発表したいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 17:23 | comments(0) | - |
スポンサーサイト

にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| - | 17:23 | - | - |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ LINKS
+ OTHERS
+ MOBILE
qrcode
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ