CERAMIC WORKS

陶と金属の造形
<< episode | main | 第8回啐啄の集い作陶展 法然院・京都 >>
第8回「啐啄の集い陶展」 法然院・京都

法然院

いよいよ京都での展示会が差し迫って来ました。

作品は出来上がっているので、先ずは一安心なのですが、

看板やキャプションを作成したり、細かな雑用をこなしています。

 

8回目ともなると勝手知れた場所なだけに、緊張感は薄いので

が、それでも来訪者の多い場所柄なので、準備を怠る事はでき

ません。

 

京都の友人に聞くと、ここ数年来外国からの観光客がとても

多いとのこと。

ご挨拶文、キャプションの一部を英文にして、会期中の

混乱を少しでも緩和出来ればと願っています。

 

今回の私の出展作品はごくごく少数に絞り、しかも組作品的な

要素のあるものを選びました。

そして、土器の様式を取り入れた造形作品としました。

 

土器の解釈は色々とあるとは思いますが、ここでは素焼きされ

ものに彩色をすると言う、シンプルな工程を選びました。

素焼きされた器物に色付けするのは、それこそ縄文時代よりな

れています。

漆こそ使いはしませんが、身近にあるものを駆使してイメージ

を追っています。

 

ぜひぜひ、ご来場下さい。

 

第8回「啐啄の集い陶展」

2018年6月7日(木)~10日(日)

京都市左京区鹿ケ谷・法然院 講堂

お問い合せ   /    090-9688-8235  (川合)'

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 21:09 | comments(0) | - |
スポンサーサイト

にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| - | 21:09 | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ LINKS
+ OTHERS
+ MOBILE
qrcode
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ