CERAMIC WORKS

陶と金属の造形
<< ロクロ実習の動画てす | main | Episode スケジュール >>
Episode 縄文

縄文土器(縄文中期)

茅野市にあります「尖石縄文考古館」へ、行って

まいりました。

タイムリーな時とは言えないのですが、仕事上の

確認事項などがあり、思い立ってのことです。

いつもでしたら、近隣にある「井戸尻考古館」と

あわせて行くのですが、こちらは都内からの来館者

は6月18日まではご遠慮下さいとのことでした。

どちらの考古館もほぼ毎年訪ねていますが、

いつもはずすことなく、充実した時を過ごすこと

ができます。

この日は、数人の来館者はありましたが、ほぼ

独り占めのような中、知った土器を鑑賞できました。

 

さて、自身の作品制作のためにインスピレーショ

ンを得るとは、土器の詳細を観察することでは

なくて、物語の行間を埋めて、繋いでいくといっ

ようなもので、どちらかと言えば、土器の波動

と私の作品を重ねる工程です。

縄文土器との出会いは、仕事上だいぶさかのぼれ

ますが、当初はそれほど気になる存在ではありま

せんでした。

その流れを変えたのが、「井戸尻考古館」です。

館そのものの佇まい。

周辺の環境。

土器の質の高さ。

どれをとっても優れていて、古の時間をリアル

に体感できるお勧めのスポットです。

今回の訪問では新たな陶土を作品に活かせるか、

という課題があったのですが、まずはその土を

入手することを決めました。

 

※そつたく窯陶芸教室でも研修旅行を予定してま

したが、この度は断念することになりました。

来春には皆さんと訪れたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 05:35 | comments(0) | - |
スポンサーサイト

にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| - | 05:35 | - | - |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ LINKS
+ OTHERS
+ MOBILE
qrcode
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ