CERAMIC WORKS

陶と金属の造形
<< そつたく窯 八王子市 散歩道 | main | そつたく窯陶芸教室 ヨガレッスン >>
そつたく窯陶芸教室 八王子市 手捻り作品


黄地黒掻き落とし茶碗

八王子教室のM,Kさんの作品。
手捻りで成形して、素焼きの素地に透明釉を施し、さらに釉薬
の上から弁柄を刷毛で巻く。
そして、参酸化で焼くと黄瀬戸釉の表情に焼きあがる。
さらに上絵の具の黒を刷毛で塗り、乾燥後に竹串で思いのままに
掻き落とす。
黄色と黒のコントラストが面白く、さらに掻き落とした細い線
に愛嬌があり、なじみやすい内容でもある。
刷毛で巻いた弁柄のムラが器面に残るところも面白い。
これ、弁柄のかわりに呉須絵具にかえて、還元で焼き、同じ装飾
をしても結構いけます。
<レシピ}
粘土 : 半磁器
釉薬 : 石灰透明釉
絵具 : 弁柄(酸化第二鉄)
焼成 : 酸化(1250度)




にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| 日常 | 08:10 | comments(0) | - |
スポンサーサイト

にほんブログ村 美術ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
| - | 08:10 | - | - |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE
+ LINKS
+ OTHERS
+ MOBILE
qrcode
+ SPONSORED LINKS
このページの先頭へ